カテゴリー
金曜

支援してくれる人

お金を援助してくれる人たちと出会いコロナの危機を乗り越える
 支援してくれる人と出会える!とわかった時、一も二も無く行動しなければいけない気持ちになりました。
25歳、フリーターをやっている女です。
フリーターの生活は、本当に厳しい。
就職先を探しても、なかなか見つからない。
結果、この時給の安いフリーター生活を続けるしかない状態でした。
それでなくても生活が厳しかったのに、新型コロナの登場によって、さらに危険な領域に入っていく感じでした。
お金が欲しい。
お金くれる人と出会いたい。
思わない日がなかったのです。
そんな私に、古い友人が言い出したのです。
「優良出会い系アプリで支援してくれる人と出会った!」
この言葉が引き金でした。
どうしても出会いをみつけたくなってしまったのです。

 高校時代の友人である明海からの連絡でした。
肉体関係という対価なしでお金を貰えたことを伝えてきたのです。
デートパパとの関係を、とても楽しそうに語ってきました。
お金には心底困っていた私です。
明海の話すことが、強烈に胸に突き刺さる感覚を覚えたのです。
「出会い系アプリの中でね、必死に募集を続けるの。これが最大の攻略だよ」
彼女の言葉を聞き、直ぐ出会い系アプリに登録しました。

 支援してくれる人募集を開始しました。
男性にアピールするため、顔の一部分を隠した写メも掲載。
なるべく魅力的に可愛らしく撮影出来た写メを利用しました。
フリーターで生活が厳しいこともプロフに書き込みます。
そしてメインコンテンツの掲示板へ投稿していきました。

 私にも、支援してくれる人からの連絡がやって来ることになりました。
喜びの瞬間でした。
LINE交換して、打ち合わせをして顔合わせという流れでした。

 バツイチの50代男性です。
「1人の食事がつまらなくてね、週1回ぐらいのペースで待ち合わせできる相手を探している」
そしてお手当の話にもなり、都度払い2万円という高額提案をされてしまったのです。
ついにお食事デートが決定しました。

 良い出会いでした。
体の関係を作りません。
迫られることもありません。
楽しいお食事とお喋り、結果が2万円の受け取りだったのです。
パパも継続したいと言ってくれ、素晴らしい副収入が私のものになってくれました。
貢いでくれる男の人
ぽっちゃりのパパ活
貢いでくれる人

カテゴリー
土曜

お金を恵んでくれる人

お金を助けてくれる人を見つけるリモートパパ活の魅力
 26歳の、保育士をやっている裕美子です。
私の悩みですか?
それは、年がら年中、金欠だっていうことです。
皆さんもご存知だと思います。
保育士のお給料、とっても安いんです。
お仕事は凄くストレスを感じます。
ですが、もらえるお金は僅かすぎるのです。
男性との出会いすらない世界。
だからいつだって考えてしまっていたのです。
お金を恵んでくれる人はいないものかって。
肉体のお付き合いなし、純粋な関係で、お金を恵んでくれる人と出会いたいといつだって考えてしまっていることだったのです。

 ネット検索することで、ネット上は、お金持ちがいて、お金を恵んでくれる人になってくれるのは確実のようです。
実際、Twitterでも、お金を配ったお金持ちさんがいました。
だから存在していることは確かなのです。
しかし、危険もあるということも分かってきます。
誤った場所で相手募集することで、詐欺の被害に遭ってしまうのだとか。
ネットは危険もある世界だと、痛感することになりました。

 危険回避で、お金を恵んでくれる人と出会う方法を必死に調べてみたんです。
その多くが、老舗出会い系公式アプリの利用でした。
安全性が段違いの場所であり、男性会員も凄く多い場所。
身分証明書を提出するため、悪意を働きにくくなっているところでした。
安心して利用できることが判明します。
登録してしまいました。

 嫌がらせを受けることもなく、順調に募集を続けることに成功です。
そして、パパからの連絡までやってきたのですから。
5000円の交通費で顔合わせをしました。
その時、月額なら10万円。
都度払いなら2万5000円ずつの食事デートの提案をさせてしまったのです。
都度払いでデートしていただくことになりました。

 それはもう、最高の瞬間でした。
優しいパパとお喋りしながら食事しました。
お腹も満足出来ましたが、約束の2万5000円で財布の中身も大満足になりました。
キャバ嬢の収入
お金あげます掲示板
お金を恵んでくれる人